10th
10th
株式会社MGNETは、2021年10月3日に創立10周年を迎えることができました。ひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心より御礼申し上げます。節目にあたり簡単ではございますが10周年特設サイトを公開いたしました。内容は10年の歩みから始まり、日頃お世話になる方々を代表し各界30名から見た「MGNETって」メッセージ集、ロゴの一新、記念品プレゼントのお知らせ、そして最後に代表よりお礼申し上げます。お時間の許す限りご覧ください。

これからも「モノにエンターテインメントを。」をフラッグメッセージとして掲げ、歩みを止めることなく、より良い環境を創り続けて参ります。10年間で関わってくださった全ての皆様に、心から感謝の気持ちを込めて。

“ありがとうございます!”

10年の歩み

2011

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020

2021

私たちを巡る言葉

ものづくり、ことづくり、まちづくり。多岐にわたるお仕事を通して知り得たMGNETという存在、役割、特徴など「ところで〇〇さんからみたMGNETって…」と直接聞いてみました。もしかしたら少し違ったMGNETの一面をみることができるかもしれません。MGNETの周りを巡るお言葉を是非ともご覧ください。ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ロゴが新しくなりました

10th

創立10周年を記念してMGNETのロゴが新しくなりました。ソフトとハードを繋げ、新しいことを始める発射台。ときには滑り台のように楽しむエンターテインメントを忘れない。そしてMGNETのM。これからの新しい10年はこのロゴマークと一緒に走ります。(Design & Art Direction : frame)

10周年記念品プレゼントのお知らせ

10年間の感謝の気持ちを込めまして、MGNETらしさ溢れるささやかな記念品「10th Anniversaryマグネット」(非売品)と、10周年限定商品「まぐねこ商売繁盛ラバーストラップ」(FACTORY FRONTにて販売)を作りました。
この度、こちらの記念品と限定商品を本ウェブサイトをご覧になった方々にも抽選でプレゼントいたします。下記応募方法をご覧いただきご応募ください。

応募方法

10/3(日)〜10/17(日)までの期間に①Twitterアカウント「@mgnet_office」をフォローし、②Twitterハッシュタグ「#MGNET10thANNIVERSARY」をつけてTwitterに投稿をしてください。何かメッセージを添えていただけるとスタッフ一同それはそれは喜びます。エントリー期間終了後、厳正なる抽選を行い当選発表致します。当選発表は当選者様の意思を確認のうえTwitter上にて行う予定です。
※記念品か限定商品でご希望がございます場合はハッシュタグに「#周年磁石」か「#限定ねこ」のどちらかをお書きください。
※フォローいただく目的はMGNETの情報をお届けしたいという淡い気持ちもございますが、プレゼント当選のご連絡と発送対応をするに当たりDM機能を利用するために必要となります。

代表より

株式会社MGNET代表取締役の武田修美です。
10周年の感謝の気持ちを差し置いて、この場を借りて自らの生い立ちから振り返りたい気持ちになれたのは「代表の言葉が欲しい」とスタッフ達から言ってもらえたことが理由でした。今までは自分自身で何をするかを考え「こうしよう!」と率先してやってきました。10年の月日はこうした部分に少しずつ変化を与えるのだなと細やかながら企業の成長を感じています。

1980年、私は新潟県燕市に生まれました。工場の町で育ち、当然のように工場でも遊びました。幼少期は町全てが遊び場のような気がして毎日駆け回っていた気がします。本当に楽しかった。中学生になると、将来のことを深く考えることもなく目の前のことに只々夢中な日々を過ごします。幼少期の遊び場だった工場は徐々に疎遠となりいつしか「俺は違うことがしたい」と感じるようになりました。

勉強は全くダメな私が唯一入学できた商業高校はある意味ターニングポイント。不良高校ゆえに人生で初めて社会を感じられましたし、簿記と実践授業に出会い不思議と楽しくて仕方ありませんでした。今となってはこれらの経験(意図しない社交と目的を持った数学)が進路に繋がり、現在の私を築き上げているのかなと思います。

望み通り、家業とは違う道に進み始めた矢先の2003年。私は特定疾患と先天性の病を同時に患いました。結婚を控えていた中でのこの事実はあまりにも苦しく気は弱まり死を想像するほどだったのですが「結婚を諦めない」と言い切ってくれた妻が、私を生かしてくれました。この頃から意識は大きく変化していきます。生きること、働くこと、家族のこと、家業のこと。ただ意識は変わりましたが、身体が動かないため仕事はできなかったんですね。寝たきり&リハビリで職にすらつけない私を救ってくれたのが父でした。

「工場の手伝いをしたらどうか?」その言葉を聞いて親の大きさを感じ、今までを後悔しましたが、今更とは思いませんでした。大病をきっかけに再び向き合うこととなった町工場は私に「父の仕事を世界に広げたい」と思わせてくれました。徐々に身体を慣らし(お陰様で手術や薬の投与もなく)回復をみて出勤できるようになりました。

25歳の春、工場が職場になりました。それでも出来ることは殆どない。なら出来ることを考えるしかない。これからの工場に必要なことをがむしゃらに勉強し実践しました。しかし事情を知らない人にとっては工場に居るのに現場に入らない息子ですので中でも外でも“馬鹿息子“の称号を手に入れました。今となっては名誉ある勲章、結果として関心を持って頂けたことに感謝しかない。そう思えてならないのは、今も信じてついてきてくれるスタッフ達と支えてくださる方々の存在があるからこそと感じます。

株式会社MGNETを設立したのは31歳。父と同じ社長になって再度自らの道を進み始めました。MGNETが何をしてきたか、その奮闘記などは語りませんが、町工場が町工場らしくないことをする代償は、私たちに使命を与えてくれました。ものづくりの現実を見た私は「これからのものづくりもこうあるべき」とは到底思えなかったのです。業界からの脱却と還元。ものづくりにとってより良い環境を作る。We make good networks. それが私の出した答えであり私たちの進む道そのものでした。変化を恐れない。新しいものを拒まない。常識に支配されない。そして自分と仲間を疑わない。挑戦の先にあるのは失敗かもしれないが失敗は夢の第一歩なのだと信じてやまない。今までもこれからも。

モノにエンターテインメントを。



最後に改めて皆々様へ
創業より長年のご厚情に深謝申し上げますとともに まだまだ若く未熟な会社でございますので 引き続きご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社MGNET
代表取締役
武田修美
2021年10月3日 吉日